ノベツマクナシ

低所得者層にいます

思っていること2つ

気づきに対するアレルギーが出た
インターネットには、あまりにもためになる情報が多すぎる。テンプレ化された見出し、キャッチ、ヘッド画像、翻訳口調の言葉遣い。Noteの新着記事を見てみるといい。自分が公開した日記に付く「いいね」的なモノの通知も、たどれば7割がそういった「日常・世界・人生・社会をより素敵に上向きに生きるための10のヒント」みたいな記事を書いている人だったりする。そういうものに対する反発もあって私は意味のない文章を垂れ流しているわけだけど、当然Noteでそれを求めている人はいない。ましてやそれを面白いだとか、それに対する思いを汲み取ってくれる人はもっといない。それくらい意味と改善と気づきを求めている人で溢れている。損したくない気持ちの裏返し、みたいな言葉をツイートで見たけど、まさにその通りだと思う。いま書いているこの文章も、気づきの物語に組み込まれる要素に満ちていて、そういう意味ではもう地獄だね。私自身、Noteでそういう記事を書いていないというだけであって、ここではまったく同じようなことをするつもりだから。こういう極端なことをしていると頭を強く打ち付けたくなる。

ゲイとしての自分への歩み寄り
私は普段、自分がゲイとして存在することが許される場所、つまりゲイバーでしか同性愛者として生きていないわけで、普段の生活ではカミングアウトだとか彼らに人権をみたいなムーブを出さずにいる。出せたとしても「親族や友達だったらと考えたら、優しくしたいですね」くらいの言葉で精一杯だし、これでも十分異性愛からしたら親LGBT的なものの見方に映るんだろうなと思う。他者に働きかけるって相当エネルギーを使うことだから、声を上げている人に対してはもう足を向けて眠れない。同性愛者であるということが目に見えない特性であることが悔しくなる。「あなたの息子や娘がLGBTじゃないと思い込んでいるんですか?」まで言えたらと妄想するけど、スカッとジャパンでもそんな振る舞い採用されないわな。多分そういう番組でしょ?(自分が嫌う行為と同等に最悪な偏見)そもそもそういう発言が成立するだけの人間じゃないからね。己を罰しがちな兆候が出始めた。まずい。話がとっちらかっているな。

ブログを始めた2012年とは確かに空気が変わったと思う。オネエ系じゃないゲイが出てきたり、著名な人がレズビアンであることを公にしたり、果てにはゲイが主役のドラマまでできている。そういえば私はまだおっさんずラブも、きのう何食べたも観れずにいる。間違いなく私は我が事のようにドラマを見て、自分の人生・生活とのギャップに傷つくはず。ドラマをドラマとして見れるほど幸せじゃない。今のところは。

かつての職場で上の作品が話題に上がったとき「ほんと感動した〜」という言葉を耳にした時「作り物で感動しやがって、幸せじゃないゲイなら目の前にいるぞ」とぶちまけそうになった。彼ら・彼女らに私が幸せじゃない責任を負わせるところだった。あぶね〜!間違いなく異性愛者(主語がでかい)の中にも同じような理由で恋愛ドラマが見られない人がいるし、話題に上がるたびに色々な思いを振り払って「そんなにいいなら見てみようかな」と口にする人がいるのだろう。そう思うと異性愛者だって同じように、いやそれ以上の機会の元、自らの心をすり減らしているんだな。恋愛に関する話をやめるべきだ。いや、自由恋愛を禁止すべきだ。恋愛奉行による独裁国家の誕生だ!!
何の話なんですかね。そうだな。30を迎えてもまだ自分がゲイであることへの窮屈な思いを抱えている。かつてはそれを振り切ろうと「それが全てじゃない」と翻訳記事まで上げたのにな。