読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベツマクナシ

低所得者層にいます

日記127 13の理由を読んだ

13の理由を読んだ

この作品は自殺した女生徒による告発テープが主人公に届くところから始まる。主人公はそれを聴き彼女がなぜ自殺をすることになったのかを知る。作中で流れる時間はたったの一夜だが、テープの再生パートを主軸に、かつて彼女が存在した痕跡を辿る旅が効果的に挟み込まれていて非常に濃く立体感のある構成になっている。

大人も友達も誰かを助けるポーズは取れても心を救うことは出来ない。自殺について話し合う場ですら、助けを求める人間が自殺について考えていると名乗り上げなければ助けることもできないと結論づけてしまう。とにかく救いがない。というより自殺という結果が確定した時点で救いなどないのだけれど。家庭環境を意図的に省いている、あまりにも共有された秘密がグループの中で閉じられていることなどツッコミどころはあるが、間違いなく面白い本だった。

読み終わって少し経ったのでこの本についてまた考えてみる。
自分がアバズレであるという噂に押しつぶされて死んだ女生徒は、その噂のきっかけを作った人、友達になれなかった人、友達になりたかった人、助けてくれなかった人を告発する形でテープに残している。読み進めていけば行くほど死ぬ直前に作られたもののリアルさが増していく。それは諦めという感情によるもので、私は(怒りも悲しみも喜びも)その感情をもってすれば全て終わらせることができるのを知っている。それで死んでいった人達を知っている。諦めは解放になり、彼女の最後の言葉に繋がっていく。間違いなくバッドエンドなのに、どうしてか悲しみが残らない。きっと登場人物たち(読者である私も)は悲しみを通り過ぎてしまったからだ。生きるということはそういうことなんだろう。常に世界に残されていくというか、時間に追いつこうと繰り返すサマというか。

ゴールデンウィークだしたくさん本を読もう。
そういえばこの本はアメリカのヤングアダルト小説だったんだけど、アメリカのヤングアダルト小説って死についての本多くないか。トリイ・ヘイデンもそういうの書いてたはず。