読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベツマクナシ

低所得者層にいます

℃-ute The Curtain Risesのこと

℃-ute新曲について

カーテンライゼズのPVが公開されました。

www.youtube.com

曲を聴いてパッと浮かんだのはBerryz工房のラストシングル「永久の歌」。
この永久の歌は、幼少期から培ってきたもの、これからも変わらない部分を歌ったもので真っ直ぐな「ありがとう」の気持ちをそのまま受け取ることのできる名曲ですが、℃-uteのカーテンライゼズはまったく違う。もう正反対というか何もかもが終わっていくそのスピード感をまるごと曲にした感じです。終わるからこそ始まる次のステージが否が応でも浮かんでくる。うっかり感動してる場合じゃない、そのステージに私達ファンは居ない、だから全部見逃すなと言い放つかっこよさ!たまらん。

めちゃくちゃ℃-uteらしい曲だなぁと思います。ほんと、気がつけばこんなにかっこよくなってたんですね。だって「野暮は言いっこなし、水差さないで」で終わる曲ですよ?ラストシングルでこの宣言ですよ?
なんというか、つんく♂Berryz工房に与えていた愛とは違う愛を感じるんですよ。何から何まで楽しくてガヤガヤごちゃごちゃしたBerryz工房の最後に「あんたらみんなに感謝しなさいよ」と永久の歌を与えたように、とにかく彼女らに比べられて来た℃-uteには「歌い散れ、燃やしつくせ」と言ってあげる優しさが私には物凄く刺さりました。
℃-uteに必要なのは終わりの無い愛ではなく、終わらせる愛だったというのが何とも味わい深い。あとサビ中鳴り響く弦楽器の鬼気迫る感じ!あぁ~最高

それにネガティブに受け取られそうな言葉なのに全然そう聞こえないのが良いですね。まったく後悔してなさそうな表情とダンス。こういう風に表現できるのはアイドルをやり続けた彼女たちだからこそだと思う。本当にかっこいい。