ノベツマクナシ

低所得者層にいます

騎士団長殺し 2部を読み終わったのでなんか書く

騎士団長殺しを読了

ネタバレになるかもしれないから読んでる人はブラウザバックしてください。

例によってここに何かかく。

アイフォンにメモしたっきり放置してた文章をココにかきます。

・ユーモアを理解できることに幸福を見出すオタクは、一周回る・あえてのという言い訳さえ与えれば見下していたコンテンツでも大喜びで飛びつく(そうそれが私)
・完全に想像で書いた合唱部の話「みんなアルト」
ハロプロの曲中で外国人が英語かなにかを話してる曲で言ってるセリフ書き起こし
・バイオレンスすぎて引いた夢(木槌で相手をぶん殴るとか)

なんだこれ。

 

 

 

 

 

 

 

マッドマックスの映画を「行って帰ってくる話」と言ったのは誰だったか忘れてしまったけれど、村上春樹の作品もそういう話が多い。

世界に散らばる神話に共通する「キャラクターが何らかの意志を持ち行動し、この世の向こう側へ行き、なんとかして帰ってくるという話」だ。逆に言うと、個人としての人間性が削ぎ落とされた話は大体そういう話になるのだろう。帯の裏表紙側に書かれた「旋回する村上春樹の小説世界」という文が示すように、今作もまぁ村上春樹の長編としては同じような話だった。

それでも気になる部分はある。村上春樹の登場人物(特に主人公は)どうして不倫するのだろう。きっとそこに「誰かの信用を損ねる不安」や「裏切り」の感覚は無い。主人公の妻が不倫をして怒りを覚えることがあっても、間を開けてから自分が怒りを覚えていたことを再認識した_くらい不倫という枠組み?概念に感情が込められていない。誰もが復讐心で不倫をしない。ただイケメンに弱いからとか、ねじまき鳥クロニクルでは理由さえ明かされなかった。ただそういうチャンスがあったので、求められたのでセックスしましたみたいな感覚で不倫をする。私が引っかかるのは性描写と性行為でしか描けない何かがあるということ。強い快楽はパーソナリティとは無関係なものだから?いつでも身に晒すことができる圧倒的な力だから?わからん。

セックスに愛が無いことがおかしいと思うけど、愛が無いからセックスをしてはいけないというのも同じくらいおかしいと、村上春樹は思っているんだろうか?ただ「ペース的にそろそろセックスさせとくか」みたいな感じだったら面白い。

恋愛感覚について描いた作品は国境の南、太陽の西ノルウェイの森だったか、それを読んでみようと思う。国境の南~~は一度読んだきりだからちょっと気になる。

免色さんは絶対に悪役だと思ったのに、悪を内包して自覚しながら自制している人間というオチに、悪を内包して自覚しながらなんとか自制してるダメ人間の私は最悪じゃねえかと思いました。