読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベツマクナシ

低所得者層にいます

日記124 ちゃんと日記を書くぞという日記

日記

久しぶりに日記を書く。
いやー、一ヶ月も書かないとはね!まぁ忙しかったんですよ。
お遍路巡ったり北海道でカニ食べたり映画のエキストラとして撮影に参加したり。
全部ウソです。

本を読んでます。

「大統領たちの通信簿」という本を読んでいる。
アメリカ合衆国歴代大統領を面白おかしく紹介する本で、語り口がアメリカらしい軽快なユーモアあふれるもので大変読みやすい。火かき棒で部下をぶん殴りまくったとか、誰ソレの妻に手を出したとか結構ろくでもないエピソードが出て来る。この本はいい暇つぶしになります。おすすめ。

「プリズンブッククラブ」という本を読んだ。
カナダの刑務所で読書会をやることになった女性の話。残念だがあまり自分の好みに合わなかった。章ごとに1~2冊のペースで進むが私には多すぎた。刑務所の実情や服役者のアレコレは面白かった。読書会という文化自体が私にとってハードルであることにも気付いた。一人で読むことは読者の面白さの半分であり、本について人と語り合うことは面白さのもう半分という考え方は納得だけど、会話も議論もド下手糞なので苦手意識が取れない。

メアリー・スーを殺して」という本を読んだ。
乙一と彼の別名義による短編集。山白朝子の一遍「トランシーバー」が良かった。傷ついた者が同じく傷ついた者に手を差し伸べる人としての強さに涙が出る。表題のメアリー・スーを殺してという作品は構成自体がもう面白かった。というかソレが目的なんだろうけども。

書いてみない?と誘われたこと
知り合いが「こんど文芸誌出すからなんか書いてよ、書かなくてもいいけど」と絶妙な距離感を保ちながらも誘ってくれたので一念発起してみたものの、まー書けない。まず何を書きたいかも決められない。作家ってすげーと今更感じ入る。私が気構え過ぎなんだろう。忙しさのピークは過ぎたので何か書きます。

活力があまり無い
最近の楽しみは村上春樹の新刊とハロプロ、澤部渡の新曲が来ないかなーという期待くらいで、基本的に元気モリモリとは程遠いテンションで生き延びている。死なないでいるスイッチがオフになりそうな感覚に入り込んでしまう。大抵食事と睡眠でその存在を忘れてしまうのだけど。間隔が頻繁になってきた辺り結構まずい。おそらく直近の目標が無いのが原因。そうは言うものの村上春樹の新刊が来るまでじっとしていようと思う。
あとセントジョーンズワートサプリメント買おう。

そう、最近の私は時間を消費しているだけで時間を使ってはないのだ。もっとこう_英語で言うモティベーティブで居たい。ので、手始めに日記を書いた次第であります。