読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベツマクナシ

低所得者層にいます

Perfume/未来のミュージアムはもしかしてバッドエンドだったのでは問題

アイドル

これは一体何だったんだろう、未来のミュージアムのPVを初めて見たときからボンヤリと違和感が残っていました。

ので考えてみます。


[MV] Perfume「未来のミュージアム」

SoLの世界観を継ぎつつ、別世界へ拡張された今作品は、アニメでの二次元/きぐるみ衣装で見られる2.5次元/実写として描かれる3次元が混在している所が興味深い。

冒頭ボロボロのおっさんとなったPTAくんは「どうしてこうなった」と逆ギレを起こし、自らが作ったPerfumeを過去へ送り、過去改変をさせることで未来を変えようと決意し、実行。サビが始まると同時に実写の三人が登場。かっこいい!

Perfumeは過去へ行くことのできるヒト型ロボットとして描かれている。過去へ来た彼女たちは自らをパフュームと名乗り、子供時代のPTAくんに「大切なモノをもっていない」「探しに行きましょう」と告げる。

くるりとその場で回転し探偵服に着替える三人。あ~ちゃんの指パッチンで床に階段が出現、異世界へ進む一行。階段を降りていく際、手招きするあ~ちゃんに対し拒否反応を示すPTAくん、この部分は妙に浮きだっている。
(後にわかるが)自分の心との対面や進むことを恐れる一面を強調しているのだろうか。

PTAくんの大切なモノを探す4人、PTAくんはかしゆかに「あった?」と訪ね、かしゆかは無いと返答。この時点で大切なモノとはPerfumeが答えとして提示するものではないと断定。大きさの異なるロボットと宇宙をモチーフにしたモービルが吊るされる部屋、鍵を掛けた宝箱に入っていたものは舌を出した口だった。ソレを見て逃げ出すPTAくん。あ~ちゃんは何一つ驚きもせずPerfumeを置いて逃げたPTAくんを叱りつける。

のっち・かしゆかの尋ねる部屋はシンプルに同じものが不規則に配置されているだけなのに対し、この部屋だけモチーフが多種多様なんですよね。本/ロボット/宇宙/飛行船と子供らしい夢を思わせる部屋。意味深ですね。自分を脅かすものを箱に入れ鍵を掛けておくだなんてモロに封じたトラウマとの対面じゃないですか。

壁に貼り付いた目たちに視線を向けられる部屋では最後尾でついていくPTAくん。カメラを手に抱え自分の目で見ていないことを示唆。落とし穴に落ちる。

様々な世界観を経て落ちた場所は土と壁に覆われた場所。行先も帰り道もわからない。そこに待ち受けるは4体の敵。襲いかかっているように見えるがこれはPTAくんの視点であることが重要。それにミイラそのものが過去を思い出させるわけで、それを迎撃する力もまたPerfumeとして発表してきた過去の作品(レーザービーム・SaMT超能力等)であることを鑑みると、この三体のミイラはPTAくんに行動を起こさせるため、Perfumeの三人が作り出したモノなんじゃないかと思うわけです。つまりこの冒険は初めから仕組まれていた。うっすらわかっていたハナシですが、こうやって見ると異様です。

PTAくんは自らを救うがために自分で作ったロボットを過去へ派遣し、課題をクリアさせることで自分を強くさせようとしている。

ボスである騎士が登場、ミイラより現代的で強固な敵のイメージか?騎士が剣を振り上げる際、PTAくんはすでにその場から逃げ出している。Perfumeを見放したと同時に石にされる三人。剣を振り下ろす騎士を見ておびえるPTAくんを励ます際に言うあ~ちゃんのセリフが「助けて」でも「アイツを倒して」でもない
「私達を助けられる。さぁ、勇気を出して」という言葉の他人行儀さはロボットらしくてステキだなぁ思っていたんですが、そもそも自分に取り立ち向かうことを目的とした冒険であることを考えると、まぁ悠長な態度も取れるわなとなるわけで。

剣を使い敵を攻撃する描写はなく、武器を掲げただけで倒れる敵。既にボロボロに折れ曲がっているが、もう一度剣を掲げると(剣はなぜか元通りになっている)石になったPerfumeは元通りに。お礼を言われあっさりと帰ると告げられるPTAくんは最後の記念にPerfumeの写真を取る。ポーズはジャケット写真と同じもの。

個人的にここがターニングポイントなんじゃないかと思う。この時点でPTAくんの目的が「トラウマを乗り越え自信を持って生きること」より「またPerfumeに会うこと」に置き換わってしまったのではないか?彼が最後に映るのは写真を撮る姿であって、日常に戻る姿ではないところが興味深い。自分で自分を救ったがゆえにPTAくんはPerfume以外の他者が必要なくなってしまった?

大人になったPTAくん。髪の毛は黒く髭もきちんと整えられている。
冒頭部分と比べ、机の上におかれた機械類の少なさや(莫大な賞金を貰える)ノーベル賞らしきメダルから見るに、これは成功した未来ではあるが、まだPerfumeが存在していない状態であることがわかる。

つまりこの未来は「僕の人生はこんなはずじゃなかった」と嘆く前の段階であって世界の改変に成功し、望む未来を生きているPTAくんの描写とは思えないんですよね。
なんせPerfumeを作るうえで必要だったであろう機械類は似通っているわけで、これからPerfumeを作り上げていくことは確定なんじゃないかと。髪の色も若々しいし。


PVが終わると同時にページが巻き戻っていくのもの繰り返しを意味してそうで、なんだかブラックユーモアを得意とする藤子不二雄Aの雰囲気を感じとってしまう。もともとドラえもんは過去改変だけは絶対にダメと念押しするスタイルですしね。初めから違和感が要所要所に挟み込まれてるんですよね。

まず冒頭の継ぎ接ぎだらけの服やひび割れた部屋で作業をしている姿から、失敗や貧乏生活のイメージがつくんですが、しっかりと直前に高層建築物の戸建てであることが描写されてるんですよ。本当に一体何なんだこのPVは。