ノベツマクナシ

低所得者層にいます

日記120 Maybe/ノートを買う癖/BiSHのオーケストラPV感想

Hey, Can you speak English?
と尋ねられた時はたいてい「Maybe」と答えるようにしている。笑ってくれる人もいれば真剣に話を続ける人もいる。今日は真剣に話を続ける人だった。本当に伝えなければいけない時はきちんと話せるもんなんだなぁと自分に感心した。たとえソレが「ヘイ!ミスター!バターあったぞ!」だとしても、ちゃんと英語で伝えられることに驚いた。こうしたらもっと良かったとか、こういう情報を伝えておきたかったとか、後からポロポロ悔しさが出てくる。

ノートを買う癖
がある。本当に悪い癖なんだけども、つい買ってしまう。使わなければノートの意味がないし、そもそも勉強用のノートはまだ使い切ってないのにもかかわらず、もしかしたらこう使えるかもしれないと目論んで自分を許してしまうのだ。勉強用につかっているノートはロルバーンの年間スケジュール帳(たしか2012年だとかそこらへん)のノート部分を使っている。これがもう最高。方眼紙なので罫線からはみ出しても気にならないし、ページ量も多く、表紙も厚紙で出来ている上にそれらを留めるゴムバンドもついている。そんなに良いノートを使っているのになぜ私はノートを買い足してしまうのか(そしてそのノートを使わずに貯めてしまうのか)理由はわかっているのにやめられないから悪い癖なのだ。

BiSH/オーケストラ
久々にビッグヒットが来た。このPVはスタジオで撮影された演奏+ダンスパートと学校を舞台に撮影されたドラマパートを混ぜて作られていて、このドラマパートの捻り方が実にウマい。清純で素朴な少女と、化粧をした派手顔少女の見た目と性格をそれぞれ真逆に配置しているので、ストーリーが進むごとに視聴者が抱く違和感が大きくなっていくのだ。見た目で判断されるということがどれだけ力を持つか、思い込みが産む力の強さを味わった。優等生と不良の組み合わせのドラマは数あれど、音楽のPVでしか出来ないこの仕掛けは本当に感心した。あとダンスパートで見える衣装がとんでもなく可愛い。あとキャッチボールする振り付けが素晴らしい。

youtu.be