読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベツマクナシ

低所得者層にいます

日記115 食べるラー油みたいなガーリックオイルがあれば毎日食べます

日記

お日記

新メニューにしては地味な新しさだけども、サイゼリアのメニューにガーリックトーストが追加された。ミニフィセルに(おそらく)エスカルゴのオーブン焼きに使われるガーリックオイルを掛けたもの。油もっと!もっと塗ってくれ!とせがみたくなるほどガーリックの風味が効いていて美味しかった。ありゃたまらんな。

それはさておき夏至ですね。
「今日は絶対に雨!100%よ!」とアイフォンの天気アプリがのたまうのを信じたらこのザマです。天気模様の中使うことのない傘を手に持って歩くことほど苛立たせることはない。夏至といえば昼が長い日であって、今日を境に冬に向かっていく日でもある。毎年夏至になると、本格的な暑さが来ることよりも、暑くもなってないのに日の長さが短くなっていく時間の流れについて考える。夏至が6月にあるのはなんだかもどかしい(同じように7×8=56であること・8+6=14であることにももどかしさを覚える)
あと、自分の中の夏といえば小学校3年だか4年だかの夏休みを思い出す。
あの時の私は夕飯を食べ終えた後、なぜだか家族の誰にも言わずに外に出た。その時に見た空の色が強烈で、たぶん10秒位の出来事なんだけども今だに思い出してしまう。憶えておきたいと思ったことはスルスル忘れるのにどうしてこんなザルに引っかかった水みたいな記憶がこびり付いてしまうんだろうか。まあいいや。