読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベツマクナシ

低所得者層にいます

Perfume 最新アルバムCosmic Explorerにピンと来なかった私がピンと来るまで

アイドル

一周した時の感想は「なんか薄味?キャッチーなのかそうじゃないのかわかんないな」
スルメ曲ならぬスルメ盤かなーとなんとなく毎日聞いていたんですが、聞けば聞くほど左から右へ抜けていくような一枚なので取り敢えず考えてみました。

今作Cosmic Explorerは全体的に開放感あふれる曲が多い。これは一聴しただけでもわかる_じゃあ前作LEVEL3はどうだったんだろう?と考えていくうちに辿り着きました。

以前、私が書いたレビュー(言う名の説明)の中でLEVEL3は息苦しいと書いていましたね。まったくなんてボンヤリした感想でしょうか。

今思うとLEVEL3は非常にファン向けの間口の狭いアルバムだったということです。

1曲目がEnter the Sphereですからね。いざPerfumeの世界へ、ブリブリベイベイ鳴る重低音と、サビで浮かび上がる三人の強烈なシルエット(歌詞と音のシンクロという点でヤスタカは本当に天才、しかもソレに肉体言語としてのMIKIKOが加わるんだからもう芸術ですよ)。まずはPerfumeのことを知ろうねとイントロダクションを見せられているかのようです。そして曲中は転調につぐ転調。彼女たちの存在が、声や技術だけでない、色々な要素が絡んでいることを体現してます。イントロデュースが終わり、二曲目~途切れること無くSoLやMoLと、こんなPerfumeもあるんですと畳み掛けてきます。かっこいいモノ・かわいいモノ・派手なモノ・穏やかなモノ・不気味なモノ。「だいじょばない」といった、シングルカットされてもおかしくないようなキャッチーな曲もあるのですが、どこか薄暗いというか、曲がその中で完結しているといった雰囲気。そしてシメはDream Land。いろんなPerfumeがありましたね さようなら、と見送る穏やかな寂しさが漂います。つまりこのアルバムは画廊の中に並べてられている曲を聴者が一つ一つなぞっていくようなスタイルで、どこまでも聴者が主人公なんですね。

*1

話を戻しましてCosmic Explorerです。

1曲めのNavigateを耳にした時「あ、これはJPNとかキャッチーでかわいい路線でくるのかな?」と先読みしていたのですが、2曲目表題曲Cosmic Explorerの開放感がすさまじく、一気に先読みを消し去ってしまいました。ファンのために作られたJPNやLEVEL3ではなく、今作はPerfumeのために作られたアルバムです。これもまたある意味では間口の狭いアルバムですね。ファンの為としてキラキラバキバキするわけでもなく、ただメンバーが「この歌すきー!この歌も好き!わたしも!」を連呼する仕上がりになったわけですから。きっと歌ってて・踊ってて楽しい曲なんでしょう。

中田ヤスタカという銀河の中で「これから君たちはこんな曲も歌えるんだぞ」と様々な惑星をPerfumeに見せていくといったところでしょうか。それに彼女たちの楽曲で使われたことのない音に溢れているのが面白い!声のテンションが明らかに人間らしく高らか。気持ちの良さを誘います。
近代楽器としてのエレキギター、古来より存在する打楽器の太鼓。西洋も東洋もハイテクもローテクもない、ごたまぜの宇宙を絶妙に表現していますね。ファンタジックな曲と日常感あふれる曲が交差していく先にある最後の曲がHold Your Handってロマンチックですよねえ。まさにこれからもよろしく!じゃないですか。

まとめ
このアルバム一番が好きかもしれない。

 

*1:そういったわけで、そのまた前作JPNで見せてきたキラキラ感あふれるPerfumeとは違う!と良くも悪くも飲み込むのに時間がかかった。JPNはアイドルとしてのPerfumeの魅力を濃縮していたので、アイドルヲタの私には耳馴染みが良かったんです。