読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベツマクナシ

低所得者層にいます

Perfume 最新アルバムについてのインタビュー翻訳

アイドル

タイトルの通りです。詰めが甘い部分もありますがご容赦ください。

 現文:Perfume (Japan) talk about their new album ‘Cosmic Explorer’ and experiences over the last few years

http://www.helloasia.com.au/interviews/perfume-japan-talk-about-their-new-album-cosmic-explorer-and-experiences-over-the-last-few-years/

ここ三年でエレクトロポップユニットPerfumeは遥かに”忙しい”存在になった。2013年、アルバムLEVEL3のリリースを皮切りに、あ~ちゃん(西脇彩華)、のっち(大本彩乃かしゆか樫野有香)の三人は今までに比べ、より大規模で広範囲なツアーを遂げたことになる。アジア、ヨーロッパを経て、ついにアメリカで自身によるライブパフォーマンスをもって、ついにその姿を観客の前に表した(2015年3月、アメリカが誇る最大規模の音楽フェスSXSWに出演。ツイッターでのバズ現象も引き起こす)。そして同年彼女たちは15周年を日本国内ツアーで祝った。

そして4月6日には、彼女たちの6枚目となるフル・アルバム”Cosmic Explorer"を世界展開する。国籍や言語を問わない、新たなリスナーの獲得を目指し、まだ見ぬ新天地へと誘う三人のナビゲーターが、新アルバムや過去、そして先の数年に渡る自身たちの認識について語った。

 

前作のリリースから2年半という時間が空きましたが、LEVEL3と新作Cosmic Explorerの間に何か変化はありましたか?

のっち:音に関して言うと、前作に比べてダンスミュージックの要素が増えたように思います。前アルバムの発売からだいぶ期間が空いている為、ヤスタカさんはその間にリリースした沢山のシングルと、新録される曲とでうまくバラ ンスを取らなければならなかったのですが、新たにリミックスをしてくださったので全体的にうまく調和しているアルバムになったと思います。

あ~ちゃん:見た目に関してですが、曲中で可愛らしいフリや表情を見せている時でさえも、みんなが歳を重ねたことに気付かされました。より大人っぽくなったと思う、私にとってはこれも大きな変化だと思います。

 

タイトル・Cosmic Explorerはどうやって決まりましたか?

のっち:レコーディングの時、一番最後に録ったのがCosmic Explorerなんです 。その後にタイトルを決めようと候補をあげていたのですが、中田さんがCosmic Explorerを挙げてくださったので、全員それが良いとなりました。

かしゆか:はじめに挙がっていたのは「someone who explores the cosmos(宇宙を旅する者)」だったんですが、(タイトル・Cosmic Explorerは)私たち自身のことをよく表していると思うし、新たな挑戦や新たに出来ることへの探求精神をうまく反映していると思います。

 

あ~ちゃん、アルバム情報解禁ビデオにて「初めて聞いた人にも入りやすい、とても優しい」とおっしゃっていましたが、どこらへんがそうなのでしょうか

あ~ちゃん:一曲目がNavigateという曲なんですが、収録曲全てに独自の個性があるので、それぞれが私達がこのアルバムで作り上げる世界へのナビゲートをしていると思っています。これまで出してきた曲では、始まると共にコーラスやブレスが入っていたんですが、今作は全てに曲に入り込むコンパスとしてのイントロがあります。曲名が全て英語表記なのも言葉の壁を減らすためです。

 

話はすこし逸れますが、もしこの作品の中から一曲、あなた達Perfumeの歌をこれまでまったく聞いたことがない人に聴かせるのならどれを選びますか?

のっち:私はPick me Upです。Pick Me Upというフレーズが何度か繰り返されるので、おそらく気軽に歌える曲だと思います。楽曲と振り付けの相性も良いので、見た目でも楽しめるPerfumeとしても良い曲だと思います。

かしゆか:Storyです。今のPerfumeらしさをよく捉えていますし、去年SXSWでのパフォーマンスの一曲目に選んだように、テクノロジーとサウンドとの融合の素晴らしさもあります。歌詞となる言葉は多くないのですが、その分曲としてのメッセージの多くをファンに届けることができると思います。

あ~ちゃん:あぁ~、難しいですね。Cosmic Explorerです。これからのPerfumeと、目の前にある・次の段階としてのPerfumeを表しています。この曲のレコーディングが終わった時、ヤスタカさんの熱意がこの曲に流れていることを強く感じました。

 

ここ数年あなた達は色んな場所を回っていますが、特に記憶に残っていることはありますか?

あ~ちゃん:SXSWの時、チーム全員でテキサス風のBBQを食べに行ったんです。ツアー中は皆さんも忙しくて、そういうことは出来なかったんですが、レストランの客の半分が私達のチームで埋まったのも楽しかったです。あともう一つ。カウボーイみたいにテンガロンハットを被り、銃を持っている警察官と一緒に写真を取ったのも覚えてます。まさにテキサスって感じでした。

かしゆか:ロサンゼルスです。アメリカでの、しかも最初の公演でお客さんの歓声と興奮が伝わってきたのを覚えてます。そこに行くまで、ロサンゼルスの人はおとなしく、歓声が起こることはないと聞いてたので、ある程度の反応であるだろうと想定してたんですが、幕の後ろに立った瞬間そういったモノがすべて吹き飛びました。

のっち:アメリカ公演に備えて舞台やミュージカルを観に行きました。中でもSleep no moreでは建物全体を使っていて、観客が白い仮面をつけている間、各所で演じている役者の後を追ったり、暗闇の中、自分の周りを役者が囲んだり_とにかくとても楽しかったです。

 

これからのツアーで、アメリカ、ヨーロッパ、アジアへ向けて何を変えていこうと思っていますか?
かしゆか:大きな違いは夏にやるアメリカ公演を含めて、今回はワールドツアーではなく、アルバムのツアーだということです。まず日本でアルバムツアーをするのですが、アメリカ公演はいわゆる特別公演ではなくその公演日程のひとつとしてやります。アルバムCosmic Explorerからも沢山披露するので、ワクワクしていますが緊張もしています。
かつてのワールドツアーは海外のお客さんが楽しめるよう、国外でも人気の曲を中心に作っていたんですが、今回はアルバムの新曲を中心にしているところが普段のワールドツアーとは違うところでしょうか。

あ~ちゃん:最終的に、日本国内でやっているものを海外でもやりたいんです。日本にも素晴らしいアーティストがいると世界に示したい。実際は海外での公演会場よりも、日本での会場のほうがまだまだ大きいため、海外公演ではその会場に合わせてスケールダウンしたものを見せるしか無いのが現状です。だからまず、会場をより大きくするために海外での認知度を上げていこうと考えています。

 

Perfumeに関して最も広く知られていることは、PVからライブパフォーマンスといったモノとテクノロジーとの融合です。テクノロジーとの融合に関して、どういうところがやりがいになるのでしょうか?

のっち:まず始めに最新テクノロジーは本質的に温度のない、機械的な要素を持っているんですが、私達はそれらを用いて人間らしさや体温のようなものを引き出そうとしています。過去でもライブパフォーマンス中、ツイッターに寄せられた全てのメッセージをプロジェクションマッピングの技術を使って衣装に投影しました。とても高度な技術です。寄せられたメッセージもそうですが、まるでチーム精神のような、人間の存在を感じさせるものでもあります。そういったことは常に意識に入れています。

 

日本・J-Popのイメージの中で、どのようなものを伝えていきたいですか?

かしゆか:可愛さと音として捉えるの日本語の美しさを伝えたいです。

あ~ちゃん:日本の人・文化にある繊細さです。世界中にある女性グループの中でも、特に西洋のグループでは、私達のような格好をしているのは他に居ません。そういった西洋のグループはセクシーさや、自らが掲げる強い女性像で魅せる印象があるのですが、私たちはどちらかと言うと、他人への気配りといった思いやダンスを通してみせる振り付けの正確さを重視しています。楽曲の方向性の中にはEDMに寄っているものもありますが、同時に控えめな繊細さも持ち合わせています。

 

今作の衣装についてはどうですか?

のっち:私達もまだ話し合っているところなので、今の時点ではっきり決まっていることは無いんですが、最近発表したアルバムのジャケット写真では、メンバーそれぞれが全く別の形・色の衣装を着る挑戦もしています。

あ~ちゃん:ジャケット写真で着ているカラフルな衣装とは別に、全身黒なんですが実際は同じパターン、という衣装も着ています。例えばのっちの衣装には肩の部分に折りたたまれた装飾がついているんですが、私がアルバム内側のカバー写真で着ているスカートの部分もまた、のっちの衣装とは違う形で折りたたむ装飾がなされています。衣装を作る際はすべてそういう形になる意味や何かしらの背景があるので、興味があれば衣装が持つ背景について考察してみてください。

 

Cosmic Explorerの中で最も挑戦となった曲はどれですか?

かしゆかFLASHです。全ての言葉を細かく区切るように歌わなければならなかったので。この曲では2つの言葉でもひと息で歌わないといけなかったんです。

あ~ちゃん:Cosmic Explorer。WoooやAwooなどといった言葉でない部分を歌ってるんですが、会場にいる観客と一緒に歌うような感じでやってくれと言われました。盛り上がり続ける感じということで、最初は優しく歌い始めるんですが、最後には本当に大きく、両手を左右へ揺らすように歌うんです。これはいまだに慣れません。この曲は私達の今までの活動にあった波や、ブレイクする前のことなどを歌っている曲なので、録音を聴いた時、まさかこの部分が使われてるとは思ってませんでした。ヤスタカさんはこういうやり方で聴いた人のリアクションをより強いものへと作り上げているのだと思います。

のっち:ハモリをやるとき、ヤスタカさんはその部分を演奏してくれるんですが 、私たちはまさにその通りにやらないといけないんです。私達がやって、ヤスタカさんがまた別のハモリを弾いて、私たちはそれを憶えてまた歌うの繰り返しです。特にHold Your Handではそれをやりました。あとBaby Faceでは、ハモリではないんですが、コーラスをひと息で歌いきるというのがありました。その時には肺にある空気を使い果しました。

 

昨年はPerfume結成15周年でもあり、振り返ることに重点を置いていましたが、
今作のCosmic Explorerと共に、Perfumeはどこへ進んでいくと思いますか?

のっち:去年はStar Trainという曲を作り、まさに記念としての曲になりましたが、一方で目の前に何のレールもない状態を前にした私達の背中を前へと押していく曲でもありました。なので、たとえ私達の前に道がなくても、私たちはこの曲と共に宇宙へいけるんです。とても大きな挑戦です。進化し続け、挑戦を迎え入れ続けたいと思います。