ノベツマクナシ

低所得者層にいます

日記104 自撮りに対してアクティブであれ

電子辞書を買った。

私は携帯もパソコンも、ある程度の標準的な指標をクリアしていればそれをずっと使うタチで(取っ替え引っ替えするほど金持ちではないだけとも言える)、前の電子辞書ももう10年近く使っていた。化粧品のコンパクトくらいの大きさで、読み上げソフトも手書き検索機能も無いため、それはそれは軽くて丈夫だったのだ。実際に使うのは英和くらいなのでそれで十分。しかも単4電池一本で動いてた。ゲームボーイよりコストが低いぞ。

だが先日ブックオフへ行った所、108円で電子辞書が売られていたのを見つけてしまった。108円だ。サイズも私の持っているものより大きく、英英辞典や類語辞典までついていてこの値段。いやはやブックオフには足を向けて眠れまへんやがなやで。単4電池は2本必要。進化すれば必要な電池の量も増える。

しかし108円とは!おまけで買った村上春樹のthe scrapの方が高いくらいだ。このthe scrap、ずいぶん長いこと探していたので見つけた時は軽く飛び上がった。帯付きでしかも初版。生まれる前に出た本が良い状態で残ってると妙な気分になる。
話を戻そう。その場で店員を呼び電子辞書を買った。いやはやなんとも。デジカメは2000円ですって!どうなってんのよこの世の中。適正価格って何?いや、買わないけどさ。そういやデジカメというものを持ったことが人生で一度もないことに気づいた。カメラは向けても向けられても自意識が邪魔をする。証明写真機で撮る写真は好きなんですけどね。あれは記録だし、その場に自分しか居ないし。顔をうつすことだけが目的だから清々しい。

風邪も治ったし、明日は久しぶりにみっちり勉強するゾ。