ノベツマクナシ

低所得者層にいます

つんく♂最新作Next is you!は至高でした

NEXT YOU/ Next is you!

つんく♂渾身の新曲はもう最高最高~!もしくは至高~!しか言えないので、あらためて分析していこうと思います。彼の曲でここまで直接的に励まされたのは初めてで、素直に揺さぶられました。

www.youtube.com

一番
A・Bメロ 自分で決めろ
強くあれ、心を守れ、ウソをつくなと激励を飛ばしているのですが、だんだんと自分がどう生きるかへの問いをぶつけてきます。バレなきゃ良いのか?、なんとなく生きててそれでいいのか?とオブラートに包まず、日常的に人が自分を甘やかしてしまうところをちくりと刺してくる。この部分は本当にドキッとします。

そして手を休めることなく「あなたらしさ」って何だよ?と尋ね、以降質問の連続へ流れていくのですが、この括弧が非常におもしろい!括弧抜きであなたらしさって何だよ?と表現しない理由を考えてしまいますね。

自分らしさというのは他人との関係上にある、生きる上での役割分担のひとつとしての、つまり他人からの評価や比較によってソレを認識できないと言ってるのではないかなと思いました。そして「自分らしさは自分で認識できるものじゃない」のなら「誰が決めるんだよ?」で核心へと迫っていくのです。

サビ 次は君の番だ
次は誰だ?ヒーローは誰だ?と問いかけながらも、遠慮するなよ次はお前だ!とNext is You!のエクスクラメーションマークで断定した途端、Bメロから続いてた質問の連続から一気に肯定の連続へと入れ替わっていきます。んもうさいっこう!!!

 

二番

Aメロ 君には武器がある
一番とは打って変わり、逃げ場としての選択と、その限り無さをどんどん提示していきます。泣いてもいいけど、逃げてもいいけど、甘えていいけど。
そして「(そういうことしてもいい)けど、誰のための人生?」ですよ。
ここで曲の丁度半分、折り返し地点で、ここから全て巻き返していくのがたまらないほど気持ちいい!

人としての武器は年齢じゃない、経験でもない、心だと言い切るその強さが清々しい。突然挟まる「音楽にゃ嘘はつけない」は揺らいでいると勝負時にその心が出るぞという警告でもあり、つんく♂にとって音楽は嘘がつけないものであり、この曲は全て本当のことを言ってるという念押しでもあるかのように読み取れます。

Bメロ 綺麗な自分が君の全てじゃない
ライバルを出し抜く時に現れるであろう苦い気持ちや、望んでいない自分さえ自分であることを例にだし、そこから恋に落ちるのもありだろ、後悔するなとアイドルという職業にとって禁忌である恋愛への理解を挟み込んできます。ここは本当につんく♂らしくて微笑ましい。

サビ 応援される自分を信じろ
とにかくYOUだと、自分を信じろと人間賛歌が続く中、オチの部分で”声援が君のパワーとなる”といきなりアイドル讃歌へ戻ってきて初めて「あっ、これアイドルへの曲でもあるのか」と落ち着くわけです。この曲はもともとアイドルを題材にしたドラマのタイアップソングなので、アイドルについて言及されていて当然なんですが、本当にこの歌詞がくるまで一切それを予感させない。アイドルのためのアイドルソングではなく、あくまでもファンのための応援歌だと思えてしまう。それって凄い。ほんとに。

 

まとめ

サビの振り付け、よく見るとみんな少し上を目指して走ってるんですよね。すごく細かいことだけども、この部分でニンマリ笑いながら走るフリをみせるみんなに元気をもらいました。ほんとに。