読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベツマクナシ

低所得者層にいます

日記94 不幸なわけではなく、幸せにあらず

日記

たくさんの言葉に感化されたりドコかしこに書き留めたりするけれど、本気で覚えようとはしないのは何だかワタシらしさが出ている。まーちゃんが言ったように、自分を変えるような言葉に気付けるのは、きっと自分の人生を他人任せにしていない人だけなんだろう。いや、こんなことを書くためにページを開いたわけではないんだけども。

レコードプレーヤーを買ったその日、私はアンプ付きスピーカーを買わなければ何も聞けないことに気付くまで時間がかかった。ただ回るレコードを見て自分の計画性のなさを悔やむ。そして去年の暮にスピーカーを揃えた。普段ネットをする時カナル式イヤホンを耳にねじ込んでいるため、部屋の中で音が鳴っている状況に慣れないけれど、目の前で音楽が鳴っているのと、耳へ音を押しこむのは明確な違いがある。全ての主導権を音楽に委ねて一体化するのはカナル式イヤホンが最高。目を閉じたら即アイドルだ。レコードプレーヤーとスピーカーの聴き方はどちらかと言うとライブに似ている。

レコードが分厚くて重いのも、ジャケットが大きいのも、歌詞カードが大きいも全て良い。満足感が普通じゃないのだ。iPadの買い替えサイクルが長くなかなか新規売上が更新出来ないと嘆いていたアップル社の人を思い出す。大きいと所有欲も比例する。

踏ん切りが付かない性格も相まって買い物一つですら自主性が見えない。

目的がなければ買い物が出来ないというのは貧乏あるあるだと思う。お金が無くて困る状況ではないけれど、アレを買ってみようとか、ちょっといい服を見てこようと実行に移せない程度にお金が無い。するとなんだか心が貧しい気持ちになる。ブランドモノの古着を見て回っても、どこか後ろめたい。暗い日記だなぁ。