読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベツマクナシ

低所得者層にいます

日記93 帽子と髪型

GAPで半額セールをやっていた。GAPはセールをしすぎなのではないか。とにかく半額というのは凄い。半分だからお金が浮く。サイフのヒモも緩む。結局帽子を買ってしまった。本当はセーターやカーディガンが欲しかったのに、なぜだか帽子だ。今は私服通勤だし(なんせフリーターだから)帰りなら髪型が潰れていても気にするヒトがいない=帽子を被っても良いのだという格好の言い訳を見つけてしまった私は買ってしまったのだ。

キャビンハットという種類らしく、歩くとパタパタ耳あてが揺れる。25にもなって、地面に伸びる自分の影がカワイイと思えてニヤニヤしてしまう。影だけ見ると羊男だ。

ところで帽子について常々思っていることがある。外で帽子を被って歩いている彼・彼女たちは一体ヘアスタイルをどうしているのか。脱いだらペッタンコになると解っているのにカップルはそろってツバがピンとはったキャップを被っていたりする。気にならないのだろうか。ペタンコになって何なら七三分けになってしまった姿を見せるのは恋人同士だからこそ許せるものなのだろうか。そうならば一人で出歩いている人たちは一体どういう覚悟のもと帽子をかぶっているのだろう。ちょっと休憩と足を伸ばした食事どころで帽子を脱ごうものなら、そこに居座るはキメた格好にペタンコ頭のアンバランスさをたたえた男(もしくは女)だ。きっと自意識過剰なんだろう。

前もこんな終わり方したな。手癖でモノを書くと自虐ばかりだ。