読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベツマクナシ

低所得者層にいます

日記89 佐藤優樹という人間

日記

バイトを初めてから一ヶ月たった。今日は初めて意識して同じミスを繰り返さないように仕事をした。その結果微妙なレベルのヒヤッとするミスを量産した。つまり私は頭が悪いのだ。

最初の給料はあっという間にすっ飛んでいった。3年近く同じ冬物を着ていたのでさすがにどうにかしたかったのだ。せっかく買ったのだし向こう3年同じ冬物を着ようと思う。普段あまり服を買わないとこういう時に困る(ミニマリストを自称しているが実際はただの貧乏なのだ)結局スニーカーも買った。adidasの革スニーカーでソールだけが白くて後は靴紐まで濃紺、カワイイ。本当はカバンも買いたい。買い物は脳をアホにする。

モーニング娘。'14の佐藤優樹ファンなので当然まーちゃんくどぅーのハロプロ先輩探訪を買った。ファングッズだろと思って軽く読み進めて行ったらまさかの良書だった。中でも熊井友理奈が心を動かされた一言について語った後、熟考の末にまーちゃんが言ってのけた「いや、まーちゃんずーっと考えてたんですよ。いずれはまーちゃんにもそういう時代が来るのかなって。奇跡みたいな言葉が降り掛かってくる瞬間が。まーちゃんの心をすごく動かすような言葉が。・・・それとも」この先の言葉がすごすぎるので是非実際手にとって一読をオススメします。この部分を読んだ時、まーちゃんを好きになって良かった!!と心底思いました。人間性でひとを引きつける彼女はとにかくあけっぴろげと言いますか、素直になるべき時を心得ているんです。それがたまらなく羨ましい。またコレについてはあとで感想を書こう。

特別収録である道重さゆみとのインタビューでは、おそらく初めて明かされるであろう佐藤優樹の闇にも似た部分が吐露されているのが面白いです。そしてそれが出てくる理由も、たまらなく愛おしくなるほど素晴らしい。小田さくらが「佐藤優樹は人類の進化形」と言ってのけた理由がそこにあります(そしてそれを口に出せる小田さくらの成熟度っぷりも凄い、だから大好きなんだよ・・・)。