読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベツマクナシ

低所得者層にいます

プリーズ ミニスカポストウーマン!を聴いたら女子中学生になれる

プリーズ ミニスカポストウーマン!を聴いた時「コレは本当に女子中学生の気持ちだ!」と思える謎のシンクロニシティが体中を駆け抜けました。

フレーズとして選ぶ単語のセンスもそうなんですが、ただ中学校時代っぽい単語を並べてるわけじゃないんですよね。自分がなりたかった・なりたい理想の中学生になれる。ここがつんく♂の歌詞の凄さです。

「運動会 おんぶされたのがウソみたいな去年」

「小学校の頃とは違う私を見てよ」

体育祭ではなく運動会なところに当時小学六年生だった主人公が見えますし、今の私を見て欲しいという思いからわかる付き合いの長さ。もう凄い・・・なんてセンスだ!

何よりも恋している女の子にありがちな、こっち向いてだとか、切ないよ~的なところで終わらないのがつんく♂の良さですよね。大人だからこそ示してあげられる一歩先がちゃんと主人公の女の子に与えられているんです。それがポストウーマン。

「何気なくごく自然に心を届けられる かっこいい私になりたい」

この歌を聴いていると、こんなに素敵なことを素直に言える中学生になれるんですよ。

最高・・・。


スマイレージ 『プリーズ ミニスカ ポストウーマン!』 (MV) - YouTube