読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベツマクナシ

低所得者層にいます

日記88 こまめに振り返る技術

仕事をはじめてから3週間がたちました。自分の力量を認めることや正直に誠実であることの難しさを噛み締めてます。

少しでも力不足をカバーするために英会話学校に通い始めたのですが、まぁ~ありがたい。勉強になるという点ではなく、私でもある程度スムーズに意思疎通ができると思わせてくれるところに救われてます。自信を持たせてくれる上に、親身になって適切な助言をくれる人がいるってのはありがたい。11期で一人加入だった小田さくらちゃんはきっとこれ以上に切ない気持ちを味わっていたんだろうな・・・と今更しんみりしたり、はねつけるようにポテンシャルを見せる姿に憧れたり。話がそれる。

弱点としては、基本的なテンプレートの種類が少なく、同じ言い回しが多い。目的語を最初に口にする癖がある(たとえ目的語から話し始めたとしても、文法に合わせた文章に修正できないとタダの片言)、説明できるだけの語彙、語法がすぐに出てこない。「悪くないよ」「十分理解できるし聞き取れる」と褒められても「完璧です」ではないのが悔しい。先生からは「一度に沢山学ぼうとするとすぐにパンクするぞ」と私の性格をズバリ見抜いたアドバイスを貰った。ぐぅの音もでない。

とりあえず間違えてもいいから意思疎通を諦めないことと、自分が言ったことをこまめに振り返って正確な文法に置き換えて定着することを実践する。たぶんより良い方法も続けたら見つかるだろう。