読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベツマクナシ

低所得者層にいます

日記87 二年かかりました

ようやく英語をフルに使う仕事にありつけた。アルバイトとはいえ、一般的に見てレベルの高いところで働くことになった。それがとても嬉しい。月末に給料が入り次第(前の短期バイトは一ヶ月遅れで給付されるのだ)、英会話スクールに通おうと思う。

採用されたことを親に伝えた時、そこに喜んで欲しいという気持ちはなかった。選択してきたのは私自身であって、両親の言うことだけに従ってきたからではないということを彼らに見せたかったのだ。部屋を与えられ、生きていけるだけの食事を出してもらっていることに感謝はすれど、もう私は子供ではない。打算的な大人として私はあと数年この家に留まるつもりだ。貯蓄し、社会に証明できるモノを身につけ、この家を出て行く。大学を辞め頃から抱いていた、英語をつかう仕事に就くという思いが実を結ぶまで二年かかった。次に進むためにはもっと早く仕上げないといけない。

これからもがんばります。