読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベツマクナシ

低所得者層にいます

日記86 行動記録

9月になると手帳を買いたくなる。お金を払って自分のことを記録し、まだ見ぬ未来に定規を当てる。なんてことないただのノートでも出来ることなのに、どうしてかワタシはそういう行為に「自分を変える」だの「計画性」などという立派な言葉を添えて、結果的に高い買い物にしたがるクセがある。高いお金を払えば払うほど自分を取り巻く世界が変わると、どこかでそう思っている。

とりあえずもう少し寝かせよう。

ブックオフ遠藤周作の深い河を買った。今読んでいる「エンダーの子どもたち」という作品の前書きにこの本のことが載っていたからである。人の影響されたものを辿っていくのは楽しい。影響を受けた、というように複数人が同時進行で物語を展開させていく所が「エンダー~」と共通していて読みやすい。私は成瀬と大津の話が好きだ。大津は可愛い。実際にいたらきっと好きになってしまうだろう。

今日は朝から図書館へ行った。所蔵期間を過ぎた雑誌の無料配布をしているのだ。あんまり早く行っても張り切りすぎてる感じが出るしヤだなと思い二度寝したのに、結局そこには私しか居なかった。4冊もらってきた。

昼ごろに帰ってきてシャワーを浴びる。山の中にある町だからバスを使わない限り汗まみれになって帰宅することになる。玄関から汗をふきふきコンビニで買ったアイスを冷蔵庫に入れる。ここまでは出来るのに、どうしてかカップラーメンのお湯を沸かすことが出来ない。効率よく生きたい。

それでも今日はなかなか良い日だったと思う。昼寝もして、エンダーの子どもたちの上巻を読み切り、夕立の音を聞きながらアイスをムシャムシャ食べた。明日は髪の毛でも切りにいこうか。思えばこの日記、いつも髪の毛を切ろうと書いてる気がする。