ノベツマクナシ

低所得者層にいます

日記83 とてもつまらない日記

7月も中盤、仕事先近くに住むセミも鳴きだした。見事に朝しか鳴かないフライング気味なセミが絶妙に愛おしくなる。一週間もすると仕事にも慣れはじめて来 て、いよいよ慣れていないことを理由に勉強をサボれなくなってきた。こうやって振り返るたびに自分がいかにジブンを高く見積もっているのかに気づいてしまいウンザリする。根を詰めて成し遂げる人間ではないのになぜだか出来ると思ってしまう。好きなことを好きで居られる分だけやって今までやってきたのだから、今更スタンスを変えられるはずがない。超えるべき壁を前にそのスタンスが通用するレベルではない時にはどうすべきなのか。あ~~ラクして頭よくなりて~~~~~ ドラえもん暗記パンくれ~~~~

うさ脳のこと

ツイッターを通じてしった左脳型人間か右脳型人間かを知る画像で、自分がうさ脳だと判明した。十二星座占いと同じくらいのノリでやってみたものの、結果に出てきた「直感的に捉え、論理的に処理」という表記に思わず膝をポンと打った。私がアイドルについて文章を書くときは決まってこの書き方だからだ。「何となく感じているものや、見ているけど言葉にできない思いを文章にして納得したい」これをモットーに、ここから外れる文章は自分の中では美しくないモノとし、結構な数の下書きとして保存されている。そして何かしらのキーワードなり糸口を見つけた時、その下書きを絡めて清書して私のアイドルについての記事は作られていく。

(少なくとも文章に関しては)たとえ一人よがりでも、自分さえ納得できればソレでいいのだ。実際、どんなに論理的に書いたところで、本人が言及しない限り全ての考察はこうであって欲しい願望から変わることはない。だからそれでいい。でも貰えるならコメントも貰いたいし、スターだって欲しい。

日記に関しては特に言いたいこともないので気の赴くままにパチパチキーボードを叩いて書いている。

象工場のハッピーエンドを借りてきた。短篇集ならささっと読めるだろう。読めるはず。

とりあえず8月までは地道にコツコツ続けてみようと思う。意見や返答の基本テンプレートを作るのだ。