読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベツマクナシ

低所得者層にいます

アイドルマスターに救われた話

アイドルマスターが好きです。

よく出来てるんですよ、有料ダウンロードコンテンツではあるものの、追加していける衣装・アクセサリーの組み合わせは無限大だし、パフォーマンスがテレビで言う1.5尺なのもダレないフックになっているし、ポジション変更で歌割りを変えるのもプロデューサー気分を味わえるし、ずっと見ていると本当にダンス上手いな、とかこのフォーメーションめちゃくちゃ凝ってない!?と驚くこともしばしば。

なによりも愛や夢、希望を歌わせても全く負けることがないのが良いんです。

嘘という枠に入らないと、本当のことが言えないんです。人は、その場所にいて初めて、本気で泣いたり笑ったりできる」養老孟司がこう書いたように、私は卒業することもなく、スキャンダルを起こすこともなく、年を取ることもない、そんな完璧に作り上げられた枠に収まることでアイドルマスターに出てくるアイドルたちを100%信じることができるんです。彼女たちはいつだって永遠に裏切らないから。

そんなアイドルマスターの中でも特に好きなキャラクターがいます。秋月律子という女の子です。残念ながら彼女は作中一二を争う人気キャラクターではなく、どちらかと言えばサブ的な役割を任されています。

そして律子の何が一番素晴らしいかというと、律子だけがアイドルとしての夢へと続く道から逸れるという経験をしているところです。ゲーム内のイチイベントではなく、きっちりとレールを一度外されている。それはコンシューマ向けゲームソフト・アイドルマスター2のストーリーモードで彼女は事務所に所属するアイドルではなくプロデュース含むマネジメントサイドにまわり、律子自身が竜宮小町というアイドルグルーブをプロデュースするという展開となっています。元より数字や資格持ち・裏方的な業務に強いという設定があったものの、アイドルがアイドルを辞めるという経験をしているキャラクターはプレイアブルキャラの中では律子だけです。

 自身の夢を軌道修正しても、それでいてアイドルが大好きな律子だからこそ、私は彼女に自分を重ねることができるのです。あぁ、諦めても好きなままでいていいんだ、夢を違う道に寄せてもいいんだと思えるのです。

そしてなによりそんな道を外れた律子が最新作ワンフォーオールではまたプロデュース可能になるんですよ・・・!また、アイドルとしてトップを目指していくんですよ!!一緒に夢を見れるって、夢を見させてくれるって最高じゃないですか。私はどこまでも付いていきますよ。

 

そして最後に個人的アイドルソングのアンセム 自分REST@RTについて少しだけ

少し前にシンガーソングライターでもあり俳優でもある星野源アイマス楽曲のひとつM@STERPIECEの詞が素晴らしいと絶賛し話題を集めていましたが、私はこの「自分REST@RT」も好きです。この曲は今頑張っているアイドルおろかファン自体を救済する歌詞だなぁとしみじみ思います。

まず、ももちの名言を思い起こさせるアイドルらしい所信表明である「心の傷ついた人も笑顔取り戻すパワーを与えてみせる」が一番ではなく二番にあるのが最高。本当に言いたいことはいつだってあとに出てくるものなのです。

そして最後の落ちサビの「誰からも知られ愛される存在になる道を選んで 苦労は絶えないけれども 後悔してない 毎日が楽しいから」

・・・これですよ!!私はずっと、全てのアイドルにこう言ってもらいたかった。

アイドルに「後悔してない」と言われたら、彼たち・彼女たちが捧げてきたモノの大きさへの後ろめたさも消えてなくなります。この歌を聴くと、アイドルを応援してて良かった~!と体中に広がるあの感情を思い出せるんですよね。

自分REST@RT、すごい曲です。


「自分REST@RT」 LIVE EDITION 【アイドルマスターMAD】 - YouTube