ノベツマクナシ

低所得者層にいます

日記69 ハダカにサスペンダー

深夜二時半をまわり、家族も寝静まったので部屋に溜め込んだゴミ袋を捨てに行く。そう意気込んで半ズボンを履いたもののボタンがちぎれていた。しかたなくサスペンダーを取り付けその上にトレーナーを着てごまかした。ハダカにサスペンダーなんてヴィンテージのゲイポルノビデオでしか見たことがないのに、まさか自分がソレになるとは。皮とゴムの結合部が背中にあたってとても不快だった。

大きなゴミ袋3つを持ち住宅街を歩くのは面白い。どの家を見ても電気がついていないのだ。両脇に家が並ぶ中、こちらも両手にゴミ袋を携えノシノシ歩く。ステーションに置いてカバーを掛ける。iPodでスカートのライブCDを聞きながらコンビニへ。

コンビニ横の新聞屋ではもう配達の準備をしている。人の目につかないところで社会は回ってるんだなぁーーーーーー私もその一つになるんだなーぁーーー。MOWのカラメル&カスタードを買って帰り、今それを食べながらこうして日記を書いている。

来週から再来週にかけて6日ほど仕事が入った。稼いだお金が振り込まれ次第TOEICの申し込みに行くのだ。10月の試験になるのだろうか?だとしたら結果が帰ってくるのは11月だ。あっという間に年末、あっという間に大学を中退して一年。ボロボロの一年生。11月になった時私は定職に就いているだろうか。まずはTOEICをやろう。

ジョージ・オーウェルの1984を読み終えた。

あぁ。