ノベツマクナシ

低所得者層にいます

ディズニーコラボで魅せた、かしゆかの華麗なる反撃

昨日は記念日だった。かしゆかがやっと自身の不当な評価を覆した記念すべき日だ。 最初に、私こそ長い間かしゆかに対し不当な評価をしていたのだということを謝らなければならない。

 

魔法のPerfume - YouTube

 

NHKの音楽番組MJの特集「みんなをつなぐ魔法のメロディ」にてディズニーのキャラクターたちと様々なミュージシャン・アイドルがコラボした。Perfumeはそのうち二曲披露、生歌もソロパートもあり、今年の紅白歌合戦で披露したビビディ・バビディ・ブーの評価をさらに上回る出来栄えだった。中でも特筆すべきはかしゆかのソロパートだろう。

彼女たちPerfumeはアクターズスクール広島という歌やダンスを学ぶ学校の一期生で、のっちはその中でもエース扱いのBクラス出身、あ~ちゃんは言わずもがな生まれ持ってのシンガーだった。そんな中、かしゆかだけはどうも正当な評価をされていなかったと私は思う。ブレイクしフェスでも常連になり、2ちゃんねるでも事あるごとにスレッドが建てられるようにまでなったものの「生歌も上手いから」といって貼られる動画は大体があ~ちゃんのパワフルな声が目立つキューティーハニーのカバーであり、特にかしゆかの歌唱力に関しては不気味なほど語られていなかった。実際のところ、声に加工をかけるなど、歌唱力の高さを売りにするグループではないのでそもそも歌唱力の高さを取り立てて語る必要もなかったという面もある。

もっとも歌唱力では語られないかしゆかも声の美しさでは抜群に支持されていた。コケティッシュで掴み所がない女の子らしい声は他二人と被ることがない。プロデューサーの中田ヤスタカは彼女たちをそれぞれ「かしゆか・特徴的でアクセントになる声 あ~ちゃん・弦のように伸びるまろやかな声 のっち・パキっとしてまっすぐな声」と表現している。

大体においてヤスタカの提供するシンガー・アイドルはお互いに近い声質を持っている。きゃりーぱみゅぱみゅこしじまとしこ・ヘーゼルナッツチョコレート・コルテモニカ・・・かしゆか含む彼女たちの声の共通点は圧倒的な個性だ。それは技術で磨けるものではなく生まれ持っての質で選ばれたモノであり、事実ヤスタカの曲で感情を振り絞るような歌い方は採用されない。求められるのはただ女の子でいることだ。かしゆかのみ絞ると一人で喋っているのに二人喋っているいるような特徴ある声・意図しない表現をするとヤスタカは言う。

アクターズスクールBクラスという実績をもつのっちと圧倒的な技術で魅せるあ~ちゃんに挟まれ、可愛い声でしか評価されなかったかしゆかもNHKのコラボレーションでは私に何度もシークバーを戻し、聴きなおさせるほどの歌の美味さを見せた。マイクを持ち歌い踊るスペシャルメドレーでは静かなトーンで始まるコーラスで始まり、のっち、ついでかしゆか、あ~ちゃんとソロパートを受け継いでいく。かしゆかの艶のある大人っぽさを醸し出す歌い方はビッグバンドと絶妙な化学反応を起こしていた。それはたった5秒たらずの瞬間だったが、全編通して見た私が覚えているのはその5秒の持つ引力そのものの力だ。

巨大なセットの中歌うBe Our Guestも語らねばなるまい。メイド服姿で登場しコミカルに歌い踊る彼女たちはまるで本当のディズニーキャラのように三者三様の個性を示していた。元気いっぱいなのっち、ひょうきんに楽しげなあ~ちゃん、チャーミングなかしゆか。歌だけでなくセリフ混じりのこの曲、かしゆかのセリフパートは必聴だ。

ヤスタカが徹底して行ってきた小手先の技術の否定はきっちりと彼女たちをきっちりと育ててきたと確信した。生まれ持った個性を表現するのに一辺倒な技術なんて要らないのだ。ただ基礎を磨き素直に歌うだけでこんなにも感情豊かに見えるのだから面白い。

 

そんなわけで8月14日はかしゆか大爆発記念日です。