読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベツマクナシ

低所得者層にいます

「Perfumeとももクロのダンスを見て考えた」を読んで

この記事

Perfumeとももクロのダンスを見て考えた - あざなえるなわのごとし

Perfume側の考察を個人的に補足したいので思ったことを書く。

私がこの記事を読んだ時に思ったのは「もっとPerfumeについて触れてくれ!」だった。なんだかモヤモヤするので自分なりにPerfumeのダンスを整理しなおそうと思う。とりわけPerfumeのダンスについて。

 

Perfumeのダンスの特徴はフォーメーション、これは同意。

セカンドアルバムで直角二等辺三角形をモチーフにしたように、だれがセンターでもないそのフォーメーション作りは3人という最小限だからこそできる。面白いことにたとえ歌っている最中でもグルグルと形を変えるところだ。横一列・縦一列・斜め・三角・逆三角とめまぐるしく変わる。後述するポージングも相まってどの瞬間を切り取っても非常に美しい。

そしてこれにくわえてシンクロ・カノン・ポージングが加わる。

シンクロは言わずもがな同じ動きを同時にするのを指すがPerfumeの場合、かなり細かいところまで調整している。ドキュメンタリー映像でも教える際の指示が細かかった。そして何より人数が3人で身長もほぼおなじという好条件だ。こればかりは実力や努力はあまり関係ないかもしれない。

また同時に衣装による力も大きい。極度のミニ・スカートで足を露出し、クリスチャンルブタンの黒いハイヒールを履いているこのスタイルは2012年ごろからライブ・プロモーション衣装・フェスでのライブ衣装などで統一化され始め、メキメキとキレとシンクロ性を見せつけ始めた(衣装の統一化は未だに一部の女性ファンから批判されている、私も同意だがこの件はまた今度)

 

これに加えカノンと呼ばれる動きだ。

ある一定の動きを、他のメンバーが追いかけるように模倣するダンスにおける輪唱のような動きである。顕著に使われているのがスパイスで女性らしいしなやかな動きが次々と続いていくその振付はとても大人っぽい。

カノンの(スパイスの振り付けの)何が難しいかというとリズムに対し常にメンバーが気を配らないといけないところにある。スパイスを例にすると歌を追うあ~ちゃん・コーラスで輪唱部分を完結させるのっちに対し、かしゆかは一人手がかりらしい手がかりもないまま動かないといけないのだ。スパイスはそのカノンを濃縮させたものだが、他にもNight Flight、Spring of LifeやSpending all My Timeなどでも見られる。

 

そしてポージング。

これこそ振付師MIKIKOの真骨頂である。まるでマネキンのように動きを一瞬止め、ポーズを決める姿こそ写真でよく見るPerfumeだろう。MIKIKOは特定の箇所だけをシャッターチャンスにするよりも、いつどこから取られても見栄えするようにと意図していると言う。

テレビの露出が増え始めた2008年のLove the worldやDream Fighterのイントロ・アウトロ部分での三人のポージングは私にとってとても珍しく写った。歌と振付けだけでなく始まりと終わりに明確なポーズを加えることでとても一つの完結した作品らしさが生まれるのだ。MIKIKOのポーズ・一時停止の多い動きは水のように動きつづけ腰や背中をしならせるアメリカンアイドルのセクシーなダンスのカウンターとして鮮烈な印象を叩きつけた。私の中でダンスと言えばエイベックスというイメージが一新された瞬間でもあった。

これらを統合すると「パッと掴みきれない声の匿名性やカクカクとした動き」というPerfumeオリジナルの世界観になる。

そしてPerfumeのダンスの何が凄いかというのはこの一言に集約される。

「曲の世界観を増幅させ、時に覆い尽くすまでになる強いイメージ」

Spending all MyTimeが特に顕著だ。楽曲だけを聴いた時のイメージ・ライブなどで踊っている姿を交えてのイメージ。これら2つがはっきりと色を分けている。そして面白いことに曲だけを聴いた時ですらその振り付けが濃厚に頭に残っていることに気付く。

【PV】 spending all my time - Perfume - YouTube

perfume spending all my time _ Pollyrhythm _ marine stage_1080p) - YouTube

 

もちろんこれはMIKIKOだけが凄いわけではない、Perfume・PV&演出に関わるスタッフ・中田ヤスタカ&MIKIKOがそれぞれに力を注いでいる結果だ。この3つの円が重なり合いPerfumeというグループを作り上げている。全員が同じ方向を向き、異なる才能をいかんなく発揮させている、まさに理想的だ。

 

・・・と、Perfumeのダンスは非常に面白いという記事でした。