ノベツマクナシ

低所得者層にいます

日記36

今日はみぞれ混じりの雪がふった。氷の芯でも入ってるんじゃないかと思えるじっとりとした寒さだ。机の下にしけるような小さいホットカーペットが欲しい。

積極的に面接に落ちに行ってるんじゃないかと思うくらい不採用が続く、そうかんたんに仕事をもらえるほど社会は甘くはないのだろう。気が滅入る一方筋トレのおかげで上半身が引き締まってきた。災い転じて福となす。ほしい福ほどあとに来る。

Aとは相変わらずの関係だ。少しでも何もない時間があると、とたんに現実と向きあわねばならなくなるので絶え間なく楽しいことを探している。お互い趣味らしい趣味がないので暇が怖いのだ。こういう時、何か身を入れて熱中できるものがあればと思う。何かから目を背けるために趣味を作るとろくな目に合わないので今は耐えるしかないが。

マザーテレサは「大切なのは何かを沢山するのではなく、どれだけ心をこめたか」と言った。ブログもそうだ、勉強もそうだ。先人はいつも落ち込ませることを言う。