ノベツマクナシ

低所得者層にいます

日記24

卵がLサイズでとても驚いた。こんなにも大きい卵があるのか。

昨日はノルウェイの森を借りた。何度読んでも何をいいたいのかや教訓を見いだせない本だが、たまに読みたくなる。わかろうとして読んでいるがいつも途中で頭の中で違うことを考えている。そしてだんだんそれが大きくなって本を閉じる。

「○○は××だ」と言われるよりもよほど手がかりが多い。わかりやすさは人に解釈を与えすぎる。一つの肯定のためには何百もの否定をだ。ノルウェイの森はシンプルに何かを提示しているのだろう。だからわたしはわからない。私自身この作者の書く本は簡単なことや誰しもが持ちうる何かを高尚で理解すると頭の中が1つ2つ上にランクアップするような内容を含んでいると信じているからこそ、簡単なことだと思いたくないのだろう。

荒木飛呂彦へのインタビューがのった雑誌も借りてきたが、それは後で読む。