読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベツマクナシ

低所得者層にいます

木の子 Perfumeの活動初期を支えた作詞家と本当は怖いPerfume

木の子という作詞家を知っているだろうか?

Perfumeファン・バニラビーンズのファンならおそらくは知っているだろう。彼女はPerfumeのインディーズ時代の曲から初期集大成であるComplete Bestまでの数曲の歌詞を手がけている。残念ながら木の子は現在Perfumeの歌詞を書いていないが、私はPerfumeというアイドルグループについて考えれば考えるほど、彼女の書いた詩がいかに特異だったのかを思い知らされる。

 

簡単な例をあげよう。まずはスウィートドーナッツ。この曲は彼女たちのインディーズデビュー曲だ。軽快な曲調に楽しげに調理するPV、振り付けも若々しく元気いっぱいな印象を多く与える。しかし一方で歌詞の内容を見ると、この曲を構成する要素としては大きく色が違うのだ。

「なおらない傷はもっと痛む・やっぱり焦げたハート・二人の距離を温めなおし・酔ってるあたしのハート」と主に過去の失恋を振り返った女の子の視点での歌詞だ。なぜデビュー曲で、それもフリルたっぷりのカラフルな衣装に身を包み、楽しげにこんな歌詞を歌わねばならなかったのだろう。しかし驚くことに曲自体を聴いているとおよそそんな事を歌っているとは思えないほど明るい。

こういった後悔と思い出に関する内容からインディーズ2ndシングルのモノクロームエフェクトで更に深化する。

「とびだすスケール不足・見つけて欲しくて・流行りから脱線・光ることさえ難しい街」とおそらくは売れていないアイドル・彼女たちの現状を連想させる歌詞だ。1stに引き続きアイドルに歌わせるモノとしては酷である。彼女たちはこれを笑顔で楽しく踊っていたのだが、ただキツイ仕事を与えて根性をつけるよりよほど残酷だ。

そしてインディーズ時代最後のシングル・ビタミンドロップでは、ついに歌い方も変わってしまう。何かしらの意図があるものなのかはわからない。

「心に封をしてパスワードかけた・軌道をずれてく・言葉の暴力・笑顔で嘘つきお遊戯を踊る・出口はみえない・心のサプリメント」と不健康になった心に補助食品であるサプリメントを補給するまでになっている。「退屈を脱いではじめなくちゃ」と歌ってはいるものの、その声に抑揚は一切見られない。しかしPVと振付は今までどおり、楽しげで冒険に満ち溢れている。本当は怖いPerfumeの完成だ。

 

木の子が手がけた歌詞はどれも「もっと傷つけ」「甘えるな」と言っている。欲しいモノやゴールは痛みなくして手に入らないと何度も言っている。生きる上での楽しく幸せな所を強調しないのが彼女の歌詞の良い所だ。会えないことを後悔したり、好きでどうしようもない、切ないという感情は「酔っている」「甘え」としてしまう『強さ』への憧れとコンプレックス、それでも上手くいかない現状に対しては叱咤激励しない優しさがなんとも女性らしい。

勝手な憶測だが、木の子は自分を好きになる・満足するといった状況になかなか身をおけない人なのだろう。しかし彼女は自分をまるまる嫌いなわけではない。何度失敗したとしても、自分に甘えたとしても、それ自体が無駄ではないと思っているおかげでどうしても自分を嫌いになりきれない。過去を捨て、新しくスタートを切るなどという言葉が見られないのは、きっとそういう思いがあるからだと思う。

 

そんなPerfumeに対し厳しいことばかり書き連ねてきた木の子も、彼女たちの名前がついた曲「Perfume」では少し違った一面を見せてくれる。身につけた香水が磁石のように人を引き付けたり、時間の経過によって香りを変える様を感謝や気持ちの変化と結びつけた見事な内容だ。Perfumeからファンへのメッセージソングにも、木の子からPerfumeへの歌にも見える(余談だが私の中でヤスタカからPerfumeへの曲はパーフェクトスター・パーフェクトスタイルに落ち着いている)。木の子が担当した中で、トラックリストの最後に位置するというのがなんとも心を暖かくする。

 

私は今こそPerfumeに木の子が担当した曲を歌って欲しい。近未来テクノポップユニットからドリームファイター、アンドロイド、サイキックとまで進化した彼女達は今度はどういった思いでこれらの曲を歌うのだろうか?