ノベツマクナシ

低所得者層にいます

日記13

いつの間にかハロウィンの季節だ。やくしまるえつこのヤミヤミを聞いて思い出した。

大学在学中はレストランを借りてハロウィンパーティを開いたりなんてしていた。そしてそのイベントサークルの代表だった、同じ学年の人でまともに出席していたのが4人だけだったのだ。残念ながら私は良い代表ではなかった。良い代表というのは別け隔てなく仕事を頼むのがうまい人をさす。要はまとめ上げるのが下手だったのだ。一生懸命でも、ダメな時はダメなのだ。

今日はいつもと同じようにゆで卵のサンドイッチをつくった。塩を加えたのでいつもより味がはっきりしていた。きっと粉胡椒があればより美味しくなるだろう。明日は求人が更新される日だ、いいのがある事を願おう。