ノベツマクナシ

低所得者層にいます

エリザベス・ビショップ

One Art Elizabeth Bishop (1911-1979)

The art of losing isn't hard to master:

so many things seem filled with the intend

to be lost that their loss is no disaster.

 

Lose somethind every day. Accept the fluster

of lost door keys, the hour badly spent.

The art of losing isn't hard to master.

 

Then practice losing farther, losing faster:

places, and names, and where it was you meant

to travel. None of these will bring disaster.

 

I lost my mother's watch. And look! my last, or
next-to-last, of three loved houses went.
The art of losing isn't hard to master.

 

I lost two cities, lovely ones. And, vaster,

some realms I owed, two rivers, a continent.

I miss them, but it wasn't a disaster.

 

---Even losing you (the joking voice, a gesture

I love) I shan't have lied. It's evident

the art of losing's not too hard to master

though it may look like (Write it!) like disaster.

 

ある術 エリザベス・ビショップ

何かを失くす術を得るのは難しくない
大体のモノがあらかじめ失われる意図であふれ
それをなくした所で大惨事には至らない

毎日何かを失くしてみるのだ
ドアの鍵を失くした動揺も、ただ無駄にした時間も受け入れてみよう
何かをなくす術を身につけるのは難しくない

さぁもっと多く、もっと早くなくてみよう
場所も名前も、あなたが旅行するはずだった場所も
別に失くしたからといって大惨事には至らない

私は母の持っていた時計を失くした。そしてほら、私の愛した3軒の家
の最後、いやその前のひとつも消えてしまった
何かを失くす術を得るのは難しくない

私は街2つを失くした、ひとつはいい街だった
次に私のだだっ広い土地 2つの川に大陸も
どれも懐かしいが、大惨事には至らなかった

たとえあなたを失ったとしても(あなたの冗談をいう声、

私が愛したあの仕草をも)それは嘘じゃない

何かを失くす術を得るのが難しくないのは確かだ
それでもやはり(書いてしまえ!)大惨事に見えるけれど

______________________________

artを「能力」と訳そうか迷ったが、より技能的に後から身につける事を意識し「術」にした。他にもdisasterを段落ごとに別の訳にしてみたものの、詩としての統一感を優先した。

これは同性の恋人に先立たれてしまったビショップが書いた詩である。