ノベツマクナシ

低所得者層にいます

日記124 ちゃんと日記を書くぞという日記

久しぶりに日記を書く。
いやー、一ヶ月も書かないとはね!まぁ忙しかったんですよ。
お遍路巡ったり北海道でカニ食べたり映画のエキストラとして撮影に参加したり。
全部ウソです。

本を読んでます。

「大統領たちの通信簿」という本を読んでいる。
アメリカ合衆国歴代大統領を面白おかしく紹介する本で、語り口がアメリカらしい軽快なユーモアあふれるもので大変読みやすい。火かき棒で部下をぶん殴りまくったとか、誰ソレの妻に手を出したとか結構ろくでもないエピソードが出て来る。この本はいい暇つぶしになります。おすすめ。

「プリズンブッククラブ」という本を読んだ。
カナダの刑務所で読書会をやることになった女性の話。残念だがあまり自分の好みに合わなかった。章ごとに1~2冊のペースで進むが私には多すぎた。刑務所の実情や服役者のアレコレは面白かった。読書会という文化自体が私にとってハードルであることにも気付いた。一人で読むことは読者の面白さの半分であり、本について人と語り合うことは面白さのもう半分という考え方は納得だけど、会話も議論もド下手糞なので苦手意識が取れない。

メアリー・スーを殺して」という本を読んだ。
乙一と彼の別名義による短編集。山白朝子の一遍「トランシーバー」が良かった。傷ついた者が同じく傷ついた者に手を差し伸べる人としての強さに涙が出る。表題のメアリー・スーを殺してという作品は構成自体がもう面白かった。というかソレが目的なんだろうけども。

書いてみない?と誘われたこと
知り合いが「こんど文芸誌出すからなんか書いてよ、書かなくてもいいけど」と絶妙な距離感を保ちながらも誘ってくれたので一念発起してみたものの、まー書けない。まず何を書きたいかも決められない。作家ってすげーと今更感じ入る。私が気構え過ぎなんだろう。忙しさのピークは過ぎたので何か書きます。

活力があまり無い
最近の楽しみは村上春樹の新刊とハロプロ、澤部渡の新曲が来ないかなーという期待くらいで、基本的に元気モリモリとは程遠いテンションで生き延びている。死なないでいるスイッチがオフになりそうな感覚に入り込んでしまう。大抵食事と睡眠でその存在を忘れてしまうのだけど。間隔が頻繁になってきた辺り結構まずい。おそらく直近の目標が無いのが原因。そうは言うものの村上春樹の新刊が来るまでじっとしていようと思う。
あとセントジョーンズワートサプリメント買おう。

そう、最近の私は時間を消費しているだけで時間を使ってはないのだ。もっとこう_英語で言うモティベーティブで居たい。ので、手始めに日記を書いた次第であります。

 

日記123/今年の私はそこそこの私 2016年振り返り記事

今年はどんな年だったか

大掃除も終わり、こざっぱりとした部屋でなんとなく時間を潰しています。読みかけの本を読むとか、やってみたいことに手を出そうかとこまねいてみたり、平和だなぁー。

なので今年を振り返ります。上半期は非常によく頑張りました。仕事を通して自分の欠点を把握したり、TOEICのスコアを目標まで伸ばすことができました。素晴らしい。
スカートのライブやイベントに行ったのも思い出になりましたね。先日iPhoneに残していた2ショット写真を現像してきました。写真の現像はとても大事。(めったに撮らなくなったからね…)下半期はあまりよろしくなかった。ダラダラと時間を潰していることが多く、友達とチャットばかりしていた気がする。それでも大いに楽しんだからOK。

記事も毎月一回は更新している。はてなブログは長く続けると「去年の/一昨年の記事こんなの書いてたよ」というメールを寄越してくるようになる。何気にこれが楽しみで続けているところもある。相変わらず私は下書きばかり溜めて更新しないことが多い。下書きの記事としてちょっと出してみようかな。

今年のお気に入りはスプートニクの恋人の考察の記事

nobetsu-makunashi.hatenablog.com

自分の好きなものを興味のある部分を自分なりに噛み砕いていけた瞬間がたまらないからブログ記事を書き続けてるんだなぁと思う。

あとは普通の日記としては9月更新のこれ

nobetsu-makunashi.hatenablog.com

これもツラツラ書いた割にいつもの日記で出がちな見栄も自虐もなく、その日見たことだけが残っている文章で個人的に好きな記事です。来年も同じようにスローペースながらも更新し続けますかね。

来年2月は村上春樹の新刊もでるし、なかなか楽しみがつまってます。

それでは良いお年を。
ノベツマクナシ'16

日記122 書くのが難しい

書くのが難しい。

書いては消しを繰り返すのにも限度があると思い、書ききるつもりで作成する。

ある人が死んだ。
私はその人が自ら命を絶ってから初めてその人の存在を知ることになる。
彼は自分が生きているうちの記憶を書き出せるだけ書き出し、写真を残し、幼少期に録音していた音声までアップロードし、自分の人生というものを世界に公開した後首を吊って死んだ。いやしくも私は隅から隅までそれを読み込んだ。それもう貪るように読んだ。

幼少期ー小学生時代ー引きこもりー現在の順で書き出された人生は、彼の社会経験の少なさゆえに異様に細かいことを思い出として残している。その語り口が素晴らしかったのだ。いい格好を見せようという意図の無い、細くもよどみのない文章だった。

そして(身も蓋もない言い方をするが)死んだ人の独白を読み込んで以来、わたしはどこかボーっとしている。二ヶ月だか三ヶ月だか(あるいはこれからもだろうか)私は彼の薄暗い文章を思い出しながら生活しているので、引きずられてるなぁーと思いながらも「そっち側へ行くのは早いぞ」と無理やり行動を起こしながら過ごしている。

私は冥福を祈るとか、彼の分まで生きようだとか、そういうことを書きたいわけではなく、すくなくとも生きた意味を作りたいと残し死んだ、思い上がりも甚だしい性格も終わっているカス人間の彼のことを私は覚えておこうと思ったということをここに書いておこうと思ったのだ。

スカート・静かな夜がいい 買いました

スカート新曲フラゲ日です。

静かな夜がいい

面白い歌詞です。頭三行のみ現実世界についての描写で、ソレ以降は視点となる人物の中で展開されているんですよ。その一連の流れもタイトルの「静かな夜がいい」に帰ってきて結局一人でぼんやり疲れている姿が浮かんでくるわけです。ショートムービーみたいな世界だ!澤部渡の歌詞として、冒頭三行分の歌詞ほど本人を連想させる描写は他に無いんじゃないかと思う。カクバリズムに入り、ツアーをし、色んな場所に色んな人と活動するようになった彼が見えるようじゃないですか。今までの「澤部渡だけど澤部渡ではない」という視点も好きですが、より現実的な視点も嫌いじゃない。

そして歌詞の落ち着きに反してひたすらポップへ進んでいく音のかっこよさよ!イントロからもう最高。ギターがスケベ。


スカート / 静かな夜がいい【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

初回特典CDはラジオのジングルがショートバージョン含め8種類。短いながらも曲として認識出来るクオリティの高さに初期CDに入っている都会の樹液の味を思い出しました。それに資生堂とのコラボ曲キミの顔が入っています。

 

日記121 街と、その不確かな壁、In the blue shirt、Juice=Juice

11月
街と、その不確かな壁」を読んだ

村上春樹の小説の中で唯一単行本になっていないものがある。
タイトルは「街と、その不確かな壁世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランドの原型にもなった中編で、本人も認める未完成作品。遠隔複写サービスの申し込みから一週間とちょっとで連絡が来て、その日のうちにコンビニ支払いを終え複写を手に入れました。便利!早い!

後に「ハードボイルド・ワンダーランド」を加えた新たな作品として書き直すだけあって、この話は2つの視点が揃って完成形だったんでしょう。セリフが少なく、主人公”僕”の思考とその流れが中心になっていました。良いように見ると淡々と進んでいるのですが説明と物語の展開がシンクロすることなくパラレルで進行しているような妙な文章、本人が失敗したと語るのも無理ないような。中編ですが小説として成り立ってはいるので楽しめました。が、何となくでしか捉えられなかったのでそのまま「世界の終わり~~」(そして海辺のカフカ)を読みたくなりました。実はこの二作どちらも読んではいるけど持ってない。世界一タフな15歳を目指すという設定や非日常に巻き込まれる特殊専門技師がね、どうしてもこうコンプレックスを刺激し続けてくる感じが苦手で。これは自分の問題なんですけどね。やっぱり春樹は短編が良いよ。

In the blue shirtに夢中

久々にキた。サンプリングという手法なんでしょうか?良いよ~と勧めたものを素直に聴き、そのまま「良い…良い…」と横のつながりに広める無思考プロパゲーション。きもちい~!

soundcloud.com

 

Juice=Juice新曲について
今年はハロプロ当たり年だと言っても過言ではないくらい好きな曲が多いんですが、つんく作詞作曲のDream Road~心が躍りだしてる~は特別な曲になりそうです。Perfumeが武道館公演の際Dream Fighterをカマしてきたように、Juice=Juiceもまたギアをグイっと入れ込むような曲を発売しました。いやぁ~~良い!コンテンポラリーをモチーフにした振り付けが賛否両論ですが、私は好きです。欲を言えばもっとしつこくコンテンポラリーらしさを強調すればよかったのにというところ。サビはライブ乗りを意識したポップなダンスだし、間奏ではダンスバトル用のバキバキダンスで見せたい要素があっち行ったりこっち行ったりなんですよね。バレエ×ライヒみたいなループものにしちゃったほうが面白かったのでは?

www.youtube.com

この曲の振り付けも冒頭・壁を叩く 1番終わり・水泳と繰り返し何かをする表現が出てくるんですけど、ソレをもって前へ進むことや積み重ねること、成長することを表現しようにも、パット見でわかりすぎてしまう動きだと、振り付けでもダンスでもなく「さぁ何の動きをしてるでしょうか?」になる。私にはそういうふうに見えてしまう。なのでもっと伝わりにくくしても良いんじゃないかと思っちゃうんですよね。実際に今回の振り付けで私が好きなのはわけの分からない動きがあるパートがほとんどですし。